2022年12月2日
2022年12月4日

大阪モノレールのホームドア:TOPページ

2022年11月末時点の整備率

95%

(17駅36ホーム/18駅38ホーム)

大阪モノレールの各駅では、以前から設置されていた固定柵に代わって、2018年度の千里中央駅を皮切りに可動式ホーム柵(以下:ホームドア)の整備が進んでいます。

モノレールはホームから軌道下までの高低差が⼤きく、軌道側⾯には直流1500Vの給電用レールがあるため、普通鉄道以上にホームからの転落は危険です。2018年6月18日に発生した大阪府北部地震では、地震の揺れによって乗客がホームから転落する危険性があった事を踏まえ、全駅へのホームドア設置が決定されました。

2022年10月末時点で残る未設置駅は彩都線の公園東口駅のみとなり、今年度中には本線・彩都線全18駅への整備が完了する見込みです。また、2029年に延伸開業予定の区間にも当初から整備されると思われます。

ホームドア整備状況

本線

整備
状況
ホーム数設置済み
ホーム数
稼働開始年度
(11)大阪空港駅222019年度
(12)蛍池駅222019年度
(13)柴原阪大前駅222021年度
(14)少路駅222020年度
(15)千里中央駅222018年度
(16)山田駅222019年度
(17)万博記念公園駅442019年度
(18)宇野辺駅222020年度
(19)南茨木駅222019年度
(20)沢良宜駅222022年度
(21)摂津駅222021年度
(22)南摂津駅222020年度
(23)大日駅222020年度
(24)門真市駅222019年度

彩都線

整備
状況
ホーム数設置済み
ホーム数
稼働開始年度
(51)公園東口駅×20
(52)阪大病院前駅222021年度
(53)豊川駅222022年度
(54)彩都西駅222019年度

記事一覧

動画一覧

主な沿革

  • 2019年
    • 3月21日:千里中央駅で同線初のホームドアが稼働開始。
    • 11月16日:彩都西駅でホームドア稼働開始。彩都線では初の整備。
  • 2022年
    • 7月30日:沢良宜駅でホームドア稼働開始。本線全駅(大阪空港駅~門真市駅)で整備が完了する。

出典・参考文献

脚注