2022年3月31日
2024年5月8日

福岡市地下鉄のホームドア:基本情報

現在の整備率

100%

(37駅79ホーム)

※博多駅は空港線と七隈線を別駅として計上

福岡市交通局では、2003年から2006年ごろにかけて地下鉄空港線・箱崎線の全駅にホームドアが整備されました。一方、2005年2月に開業した七隈線も当初から全駅にホームドアが設置されています[1]2023年3月開業の延伸区間も含む。。これにより、日本の地下鉄事業者としては初めて全路線全駅へのホームドア整備を完遂しています。

JR九州筑肥線との直通運転で2015年まで空港線に乗り入れていた103系を除き、3路線ともATO(自動列車運転装置)による自動運転およびワンマン運転を行っています。

路線ごとのTOPページ

空港線

箱崎線

七隈線

七隈線は準備中…

動画

主な沿革

  • 2004年
    • 3月15日:空港線(姪浜駅~福岡空港駅)全駅にホームドアを設置完了。
  • 2005年
    • 2月3日:七隈線(橋本駅~天神南駅)が開業。当初から全駅にホームドアが設置される。
    • 12月15日:箱崎線(中洲川端駅~貝塚駅)全駅にホームドアを設置完了。
  • 2015年
    • 3月頃:JR九州103系が地下鉄空港線直通運用から撤退し、全列車が自動運転・ワンマン運転となる。
  • 2023年
    • 3月27日:七隈線(天神南駅~博多駅)が開業。当初からホームドアが設置される。

出典・参考文献

脚注

References
1 2023年3月開業の延伸区間も含む。