2022年9月18日

JR東日本 中央・総武線各駅停車のホームドア 

JR東日本は2031年度末ごろまでに東京圏の主要路線330駅にホームドアを整備する計画を発表しています。中央・総武線各駅停車は三鷹駅~千葉駅の39駅すべてが対象で、2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技会場最寄り駅となる代々木駅・千駄ヶ谷駅・信濃町駅の3駅を皮切りに整備が始まりました。

ホームドア導入を前に、全ての車両を4ドア車に統一するため、一部編成の5号車に連結されていた6ドア車は置き換えられました。一方で、三鷹駅~中野駅間および西船橋駅~津田沼駅間は東京メトロ東西線との直通運転でワイドドア車など特殊構造の車両も乗り入れるためか、現時点で整備が後回しとなっています。

2021年度末時点の整備率は約3割で、従来型より軽量で工期短縮が可能な「スマートホームドア」も積極的に採用されています。2022年度は飯田橋駅で整備されたほか、稲毛駅や千葉駅でも設置工事が進んでいるようです。

2022年8月末時点の整備率

31%

(13駅26ホーム/39駅84ホーム)

ホームドア整備状況

整備
状況
ホーム数設置済み
ホーム数
稼働開始年度スマート
ホームドア
(JB09)大久保駅222021年度
(JB11)代々木駅222020年度
(JB12)千駄ヶ谷駅222020年度
(JB13)信濃町駅222020年度
(JB15)市ヶ谷駅222020年度
(JB16)飯田橋駅222022年度
(JB17)水道橋駅222021年度
(JB20)浅草橋駅222021年度
(JB22)錦糸町駅222021年度
(JB23)亀戸駅222021年度
(JB26)小岩駅222021年度
(JB29)下総中山駅222021年度
(JO30)西船橋駅422021年度:1・4番線

記事一覧

投稿が見つかりませんでした。

出典・参考文献

脚注