2021年10月10日
2022年4月6日

JR東日本 横須賀線・総武線快速のホームドア

JR東日本は2031年度末ごろまでに東京圏の主要路線330駅にホームドアを整備する計画を発表しています。横須賀線は東京駅~逗子駅間、総武線快速は東京駅~千葉駅間が該当し、このうち2011年7月頃より人身事故が多発していた総武線の新小岩駅では、他駅よりも先行して2018年度にホームドアが設置されました。

新小岩駅のホームドアはコスト削減・工期短縮を図るため、無線通信を用いて車両ドアとホームドアの開閉を連携する無線式ホームドア連携システムが同社では初めて採用されています。

2022年3月末時点で新小岩駅以外の設置駅はありませんが、直通する成田線の空港第2ビル駅・成田空港駅には同社初の昇降ロープ式ホーム柵が2019年度に設置されています。武蔵小杉駅では新下りホームが建設中ですが、2022年度末ごろの使用開始時点でホームドアは設置されない見込みです。

2022年3月末時点の整備率

3%

(1駅2ホーム/28駅69ホーム)

※久里浜駅~逗子駅は含んで計上。千葉駅は3~10番線の8ホームを計上。

ホームドア整備状況

整備
状況
ホーム数設置済み
ホーム数
稼働開始年度
(JO23)新小岩駅222018年度

記事一覧

駅ごと・形態ごとの特集記事

開閉方式の特集記事

関連記事

投稿が見つかりませんでした。

動画一覧

出典・参考文献

脚注