2022年6月18日

JR西日本のホームドア:高槻駅

奥から順に、昇降式ホーム柵・3ドア車用ホームドア・4ドア車用ホームドア(二重引き戸式)

JR西日本の高槻駅では、2016年3月26日に使用開始された新1・6番のりばにて車種ごとのドア位置の違いに対応可能な「昇降式ホーム柵」が日本で初めて本格導入されました。その後、2・5番のりばには3ドア車用ホームドアが、3・4番のりばには4ドア車用ホームドアが設置されたため、3種類のホームドアが混在する「ホームドアの見本市」のような駅となっています。

ホームドア整備状況

ホーム路線整備
状況
稼働開始日タイプ
1番のりばJR京都線 京都方面(主に新快速・特急)2016年3月26日昇降ロープ式
2番のりばJR京都線 京都方面(主に快速)2019年1月26日腰高式(3ドア)
3番のりばJR京都線 京都方面(普通)2021年2月19日腰高式(4ドア)
4番のりばJR京都線 大阪方面(普通)2020年11月27日腰高式(4ドア)
5番のりばJR京都線 大阪方面(主に快速)2019年3月16日腰高式(3ドア)
6番のりばJR京都線 大阪方面(主に新快速・特急)2016年3月26日昇降ロープ式

ホームドアの概要

1・6番のりば

新1・6番のりばは主に新快速が発着するホームですが、一部の特急列車も停車するようになったため、かねてより開発が進められてきた「昇降ロープ式ホーム柵(支柱伸縮型)」が設置されました。下降時は5本のロープがホームと線路を遮断し、列車が到着すると筐体内に収められていた支柱とともにロープが上昇する仕組みで、最大約12mの広い開口幅で20m3ドア車と特急型車両のどちらのドア位置にも対応が可能となっています。

2・5番のりば

一方で、主に快速列車が発着する2・5番のりばには原則として3ドア車しか乗り入れないことから、3ドア車用の一般的な腰高式ホームドアが設置されました。よって4ドア車の普通列車は発着が実質不可能となっています。同時期から整備が始まった大阪環状線のホームドアとほぼ同型です。

3・4番のりば

20m4ドア車の普通列車のみが発着する3・4番のりばには、4ドア車用のホームドアが設置されました。2018年3月に開業したJR総持寺駅に設置されたもの同型の二重引き戸式大開口タイプです。

出典・参考文献

脚注