2022年1月16日
2022年3月5日

Osaka Metro 御堂筋線のホームドア

Osaka Metro御堂筋線の可動式ホーム柵(以下:ホームドア)は、大阪市交通局時代の2014年度に天王寺駅と心斎橋駅で先行導入され、それから約6年後の2020年度より全駅への本格導入が始まりました。そして2022年3月に稼働開始されたなんば駅を以て、Osaka Metroで5路線目[1]南港ポートタウン線(ニュートラム)を含む。となるホームドア全駅整備を達成しています。

先行導入2駅の設置当初のホームドア開閉方式は車掌による手動操作でしたが、ホームドアの操作や安全確認に要するわずかなタイムロスが列車の運転間隔拡大・混雑悪化にも影響したため、現在は定位置停止検知で自動開扉する機能が追加されました。また、将来的にはトランスポンダによる車両ドアとホームドアの開閉連携化が行われる見込みです。

現在の整備率

100%

(20駅41ホーム)

ホームドア整備状況

設置ホーム数稼働開始年度
(M11)江坂駅2/2ホーム2020年度
(M12)東三国駅2/2ホーム2021年度
(M13)新大阪駅2/2ホーム2020年度
(M14)西中島南方駅2/2ホーム2020年度
(M15)中津駅2/2ホーム2020年度
(M16)梅田駅2/2ホーム2020年度
(M17)淀屋橋駅2/2ホーム2021年度
(M18)本町駅2/2ホーム2021年度
(M19)心斎橋駅2/2ホーム2014年度
(M20)なんば駅2/2ホーム2021年度
(M21)大国町駅2/2ホーム2021年度
(M22)動物園前駅2/2ホーム2021年度
(M23)天王寺駅3/3ホーム2014年度
(M24)昭和町駅2/2ホーム2021年度
(M25)西田辺駅2/2ホーム2021年度
(M26)長居駅2/2ホーム2021年度
(M27)あびこ駅2/2ホーム2021年度
(M28)北花田駅2/2ホーム2021年度
(M29)新金岡駅2/2ホーム2021年度
(M30)なかもず駅2/2ホーム2020年度

記事一覧

駅ごと・形態ごとの特集記事

開閉方式の特集記事

投稿が見つかりませんでした。

動画一覧

出典・参考文献

脚注

References
1 南港ポートタウン線(ニュートラム)を含む。