Osaka Metro 御堂筋線のホームドア:天王寺駅・心斎橋駅

この2駅が先行設置駅に選ばれたのは同線の中でも特に旅客の転落事故が多かったためでした[1]2006年から2014年の間に発生した転落事故件数の上位を占めていた。。なお、同線の本格的なホームドア整備が始まるのは約6年後のことになります。

  • 天王寺駅2番線:2015年2月1日
  • 天王寺駅3番線:2015年2月8日
  • 天王寺駅1番線:2015年2月14日
  • 心斎橋駅:2015年3月1日

Osaka Metro(大阪市高速電気軌道)御堂筋線の天王寺駅と心斎橋駅では、大阪市交通局時代の2014年度に同線初の可動式ホーム柵(以下:ホームドア)が設置されました。各駅の稼働開始日は以下の通りです。

1 ホームドアの概要

タイプ 腰高式
メーカー 京三製作所
開閉方式 開扉 自動(定位置停止検知)
閉扉 車掌手動操作
停止位置 ±650mm(TASCあり)
開口部幅 2,600mm
寸法 筐体 高さ1,300mm×厚さ200mm
高さ1,200mm
非常脱出口 なし
安全装置 居残り検知センサ 光電センサ(一部エリアセンサ)
各号車1箇所に路線図が掲示されている
車両連結部に非常脱出口はない

ホームドアのタイプは一般的な腰高式です。外観などは千日前線のホームドアと類似していますが、ATO(自動列車運転装置)が整備された千日前線は開口幅が2,300mmなのに対して、当時の御堂筋線はATOやTASC(定位置停止装置)等が未整備だったため、開口幅を2,600mmに広げることで停止位置許容範囲±650mmが確保されました。

居残り検知センサ(光電センサ)
居残り検知センサ(エリアセンサ)
車両とホーム間の櫛状ゴム
一部の個別操作盤に設けられている開扉中点灯するランプ

各開口部の居残り検知センサは基本的に3点の光電センサが使われていますが、乗務員出入りスペース確保のため筐体がセットバックされている編成の前後・後部のみ2Dセンサとなっています。

また、列車とホームの隙間を埋める部材がホームドアと同時に整備され、隙間・段差は限りなく縮小されました。この部材は線路の建築限界を超えて設置されるため、万が一車両が接触しても大丈夫なように櫛状ゴムが使用されています。

2 ホームドアの開閉方式

2.1 当初の取り扱い

設置当初のホームドア開閉方式は車掌による手動操作でした。車掌用操作盤は光電センサ式で、センサの光路に手をかざすと開閉操作が行えます。しかし、ホームドアの操作や安全確認に要する僅かなタイムロスが影響して、この2駅のホームドア設置に伴うダイヤ改正ではラッシュ時間帯の運転間隔が伸びたため混雑率の悪化にも繋がっていました。

2.2 開扉の自動化

新設された「定位置停止センサ」

御堂筋線では2021年度末までのホームドア全駅整備が計画されており、実現のためには前述の問題を解消する必要があります。そこで、車両前面を測定する「定位置停止センサ」を新設し、その判定結果によってホームドアを自動開扉する機能が追加されました。閉扉は引き続き手動操作ですが、これにより停車時間の短縮が図られています。

3 おわりに

先行2駅以外でのホームドア本格導入は2020年度から始まっています。非常脱出口の設置など一部に改良が加えられているため、先行2駅の仕様は少数派となりました。また、本格導入に合わせてTASCが全線で導入されていおり[2]本格的な使用開始は2021年3月ごろから。、先行2駅も含めて将来的にはTASCの機能を活用した車両ドアとホームドアの開閉連携化も計画されているようです。

出典・参考文献

脚注

References
1 2006年から2014年の間に発生した転落事故件数の上位を占めていた。
2 本格的な使用開始は2021年3月ごろから。

コメントする