2022年4月10日
2022年5月10日

阪神電気鉄道のホームドア

阪神電気鉄道では、2020年度に神戸三宮駅1・3番線で同社初の可動式ホーム柵(以下:ホームドア)が設置されました。また、大阪梅田駅では大規模改良工事の一環として全てのホームへホームドアが設置予定で、2021年10月30日に使用開始された新1番線ホームには当初からホームドアが整備されました。

しかし、相互直通運転で乗り入れる近畿日本鉄道(近鉄)の車両は阪神車とドア位置が大きく異なるため、ホームドア整備拡大を阻む要因となっています。そこで、近鉄車も発着する神戸三宮駅2番線には様々なドア位置に対応できる「昇降ロープ式ホーム柵」が採用されました。

現時点で大阪梅田駅以外のホームドア整備計画は発表されていません。

2022年4月末時点の整備率

4%

(2駅5ホーム/49駅130ホーム)

※大阪梅田駅などの降車専用ホームは含んで計上。高速神戸駅1・3番(阪急線ホーム)、甲子園駅などの臨時ホーム、他社が管轄する西代駅・大阪難波駅は除いて計上。

ホームドア整備状況

設置ホーム数稼働開始年度タイプ
(HS01)大阪梅田駅1/7ホーム2021年度:1番線腰高式
(HS32)神戸三宮駅4/4ホーム2020年度:1・3番線
2021年度:2番線
腰高式
昇降ロープ式

記事一覧

駅ごと・形態ごとの特集記事

開閉方式の特集記事

投稿が見つかりませんでした。

動画一覧

主な沿革

  • 2021年
    • 2月11日:神戸三宮駅1・3番線で同社初のホームドアが稼働開始。
    • 10月30日:大阪梅田駅新1番線の供用開始にあわせてホームドアも稼働開始。
  • 2022年
    • 3月27日:神戸三宮駅2番線で同社初の昇降ロープ式ホーム柵が稼働開始。機器の調整に時間を要したため当初予定より11日遅れ。

出典・参考文献

脚注