2022年6月18日

JR西日本のホームドア:大阪駅

奥:7番のりばの4ドア車用ホームドア
手前:8番のりばの昇降式ホーム柵

JR西日本の大阪駅では、2017年度に6・7番のりばで4ドア車用タイプの可動式ホーム柵(以下:ホームドア)が整備されました。その後、特急列車なども発着する5・8番のりばには「昇降式ホーム柵」が、大阪環状線ホームの1・2番のりばには3ドア車用ホームドアが設置されたため、高槻駅と同じく3種類のホームドアが混在する駅となりました。

さらに、2023年春開業予定の地下新ホーム(うめきた地下駅)には、開口を自在に構成できる世界初のフルスクリーン式ホームドアが導入予定です。一方、既存の残る5ホームの整備計画は今のところ発表されていません。

ホームドア整備状況

ホーム路線整備
状況
稼働開始日タイプ
1番のりば大阪環状線内回り 西九条・弁天町方面2019年12月5日腰高式(3ドア)
2番のりば大阪環状線外回り 京橋・鶴橋方面2020年3月10日腰高式(3ドア)
3番のりばJR神戸線など×
4番のりばJR神戸線など×
5番のりばJR神戸線など(主に新快速・快速)2019年2月16日昇降ロープ式
6番のりばJR神戸線など(普通)2017年4月22日腰高式(4ドア)
7番のりばJR京都線など(普通)2017年5月27日腰高式(4ドア)
8番のりばJR京都線など(主に新快速・快速)2019年3月9日昇降ロープ式
9番のりばJR京都線など×
10番のりばJR京都線など×
11番のりば北陸・東海方面特急・寝台特急など×

ホームドアの概要

1・2番のりば(大阪環状線ホーム)

大阪環状線は2019年に4ドア車が全て引退したことで3ドア車への統一が完了していたため、大阪駅も3ドア車用ホームドアが設置されました。大阪環状線としては京橋駅に次いで2駅目の整備です。多方面への直通列車が発着する1番のりばには、同時期にピクトグラムを用いた方面ごとの乗車位置案内も整備されています。

5・8番のりば

5・8番のりばは主に3ドア車の快速・新快速列車が発着するホームですが、特急列車や4ドア車の普通列車も発着することがあるため、ドア位置の違いに対応できる昇降式ホーム柵が設置されました。昇降式ホーム柵の採用は高槻駅に次いで2駅目[1]試験設置駅は除く。で、低コスト化を図るために一部仕様が見直されています。

6・7番のりば

同駅で最初にホームドアが設置された6・7番のりばは4ドア車の普通列車が発着するホームのため、4ドア車用ホームドアが設置されました。同時期に京橋駅のJR東西線・学研都市線ホームに設置されたものと同型です。

出典・参考文献

脚注

References
1 試験設置駅は除く。