2022年2月11日
2022年8月4日

阪急電鉄のホームドア

阪急電鉄の可動式ホーム柵(以下:ホームドア)は、2018年度に神戸線・宝塚線・京都線の主要3路線が集結する十三駅の3・4・5号線ホームで初めて整備されました。続いて2020年度には同社第2位の乗降人員を誇る神戸三宮駅でも整備されました。

列車種別や車両ドア数、さらには連結作業などにも対応した制御システムによって従来と変わらない列車運行を可能としています。その一方、他の車種とはドア位置が大きく異なる6300形「京とれいん」は十三駅に停車できなくなりました。

2022年度は春日野道駅でバリアフリー化工事の一環としてホームドアが整備されます。さらに国が創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用することで、2040年度末頃までに全駅でホームドアまたは固定柵が設置される計画です。

2022年7月末時点の整備率

3%

(2駅7ホーム/88駅243ホーム)

降車専用ホームは含んで計上。高速神戸駅は1・3番線のみ計上。臨時ホーム、川西能勢口駅の能勢電鉄ホームは除いて計上。

ホームドア整備状況

神戸線

整備
状況
ホーム数整備済み
ホーム数
稼働開始年度
(HK16)神戸三宮駅442020年度

宝塚線

整備
状況
ホーム数整備済み
ホーム数
稼働開始年度
(HK03)十三駅222018年度

京都線

整備
状況
ホーム数整備済み
ホーム数
稼働開始年度
(HK03)十三駅212018年度:5号線

記事一覧

駅ごと・形態ごとの特集記事

開閉方式の特集記事

動画一覧

主な沿革

  • 2018年
    • 9月8日:十三駅3号線ホーム(宝塚本線:宝塚方面)で同社初のホームドアが稼働開始。関西大手私鉄としても初のホームドア。
  • 2019年
    • 1月19日:阪急京都線でダイヤ改正が実施。十三駅5号線のホームドア設置を前に6300系「京とれいん」は十三駅が通過扱いに変更される。
  • 2020年
    • 10月10日:神戸三宮駅2番ホームでホームドアが稼働開始。神戸本線としては初のホームドア。
  • 2021年
    • 2月20日:神戸三宮駅4番ホームでホームドアが稼働開始。乗降扱い中の増結作業に対応するホームドアは日本初。

出典・参考文献

脚注