東京メトロ 千代田線のホームドア:小田急ロマンスカーMSE着発時の取り扱い

◆ 東京メトロ 千代田線のホームドア:TOPページ

2008年3月、史上初の地下鉄線に乗り入れるロマンスカーとして小田急60000形「MSE」がデビューし、千代田線から小田急線・箱根登山鉄道に直通する特急列車の運転が開始されました。これは現時点に至るまで、特急型車両が地下鉄線内で営業運転を行う全国唯一の事例となっています。

それから約10年後の2018年度より千代田線の各駅でホームドア整備が始まります。しかし、MSEは一般型車両とドア位置が異なるため、ホームドアと適合する一部号車のドアのみを開扉[1]6両編成の場合が3か所(1・4・5号車)、10両編成の場合が6か所(1・4・5・7・8・9号車)のドアがホームドアと適合する。して乗降扱いを行うようになりました。限定開扉扱いではあるものの、純粋に一般型車両と特急型車両が共用する駅としてのホームドア設置はこれが全国初です。

1 一般型車両の場合

東京メトロでは停止位置直下の地上子を「P3’地上子」と呼ぶ

一般型車両のホームドア開閉方式は、東京メトロの標準的な方式であるトランスポンダによる連携です。車両床下の車上子と駅の停止位置直下に設置された地上子が結合することで、車両ドアとホームドアが同期して開閉します。車上子の搭載場所は北千住方先頭車(10号車)の後位台車付近です。

また、ホームドア設置開始に先立ちATO(自動列車運転装置)も全線で導入されました。車両のコンピュータが保有する線路情報と、駅手前3か所に設置された距離情報を補正する地上子[2]千代田線では、停止位置の数百メートル手前にP1、20m手前にP2、2m手前にP3地上子が設置されている。により、駅から次の駅までの加減速・停止制御を自動で行います。

2 ロマンスカーMSEの場合

2.1 リモコンを使用した開閉操作

上:リモコン受光部(受光中は緑のランプが点灯)
下:ホームドア・可動ステップの状態を知らせる「DS表示灯」

一般型車両と異なり、MSEはホームドア設置後もホームドア連携に非対応のようです。そのため、ホームドアの開閉は車掌が携帯するリモコンを使って操作しています。発着時の取り扱い手順は以下の通りでした。

列車が定位置範囲内に停止すると、後述するトランスポンダ装置が行っていると思われる定位置停止検知により「DS表示灯」の「D」が点灯します。それを確認した車掌は、先にリモコンでホームドアを開扉し、続いて車両ドアを開扉します。発車時はホームドア操作と同じリモコンで発車メロディを放送し[3]千代田線では一般列車もリモコン操作で発車メロディを放送。、車両ドア→ホームドアの順に閉扉操作を行います。

北千住駅にて

通常は使用されることのない車掌用ホームドア操作盤ですが、A線(代々木上原方面)の場合、一般型車両とMSEでは最後尾の乗務員扉位置が大きくずれるため、一般車用とMSE用が別々に用意されています。

2.2 MSE用トランスポンダの設置

ホームドア設置前の大手町駅B線で撮影。A線用のATO距離補正用地上子(P3)があるのは折り返し対応駅のため。
B線ホームにおける地上子・車上子の位置
6両固定編成の北千住方先頭車にだけ搭載された車上子。
4両固定編成には設けられていない。

前述の通り、MSEはホームドア連携に非対応のはずですが、一般型車両と同じくトランスポンダ車上子が搭載されていることを確認しました。ただし搭載場所は一般車と異なり、6両固定編成の北千住方先頭車の後位側にATO距離補正地上子は見当たらないため、MSEはATO運転にも対応していないことが伺えます。

開閉連携にもATOにも非対応であることを踏まえると、この定点地上子と車上子の間で行っているのは列車の定位置停止検知と編成両数(6両or10両)の把握だと推測されます。また、ホームドア開扉中は発車を抑止する制御も行っているのかもしれません。

3 おわりに

千代田線内におけるMSEのホームドア取り扱いは、地上子・車上子が整備されていながらも開閉連携は行わないという珍しい事例となりました。将来的には連携化される可能性も考えられますが、ホームドア稼働開始から約3年が経過した2021年末現在もそのような動きは見られません。

出典・参考文献

  • 上村 一正「東京地下鉄における駅定位置停止制御(TASC)技術開発の変遷」『鉄道車両と技術』Vol.22-No.8、レールアンドテック出版、2016年、p10-15
  • 「形式図/小田急60000形」『鉄道ファン』Vol.48-No.564(2008年4月号)、交友社

脚注

References
1 6両編成の場合が3か所(1・4・5号車)、10両編成の場合が6か所(1・4・5・7・8・9号車)のドアがホームドアと適合する。
2 千代田線では、停止位置の数百メートル手前にP1、20m手前にP2、2m手前にP3地上子が設置されている。
3 千代田線では一般列車もリモコン操作で発車メロディを放送。

コメントする