広島電鉄×神戸市交通局「神戸市電車両 広島電鉄移籍50周年記念ヘッドマーク」提出中

神戸市交通局と広島電鉄では、1971年3月に全線廃止された神戸市電の車両が広島電鉄に移籍してから50周年を迎えることを記念した企画が実施されています。その一環として、広島電鉄で現役の移籍車両と神戸市営地下鉄の車両がお揃いの記念ヘッドマークを提出しています。

2021/10/14 土橋電停にて
神戸時代ワンマンデザインのオレンジ帯が追加された582号

2021/10/29 十日市町電停にて
現在は恒例の選挙PR花電車も兼任しながら運行中
2021/10/29 十日市町電停にて
絞り込まれた前頭部が特徴の1156号
2021/10/29 袋町電停にて
元・京都市電1900形と離合

神戸市電から広島電鉄に譲渡された29両のうち、現在も現役で運行されているのは、神戸市電の標準塗装を維持している570形582号と、ハノーバー市電を模して動物のイラストが描かれている1150形1156号の2両です。582号にはヘッドマークに加えて、神戸時代にワンマンカーデザインとして入れられていたオレンジ帯も復元され、さらに10月28日からは広島県知事選挙のPR花電車[1]582号が花電車に使用されるのは車体幅が狭いためだと言われています。としての役目も担っています。

普段は基本的に平日朝ラッシュ時しか運用に入らない2両ですが、記念企画の期間中は土休日も含めて終日運用に入っています。当日の運行状況は広島電鉄公式Twitterにて配信されており、定期整備等による運休予定日も「リバイバルKOBE」特設サイトから確認できます。

2021/11/05 西神中央駅にて
左:6000形6130F(広島電鉄移籍50周年記念ヘッドマーク)
右:6000形6143F(駅メモコラボヘッドマーク)

一方、市電に代わる交通手段として開業した市営地下鉄のヘッドマーク提出編成は、西神・山手線6000形2編成(6130F・6136F)と海岸線5000形2編成(5108F・5109F)の計4編成です。こちらも運行情報は「神戸市交通局沿線NAVI」から確認できます。

この他にも、記念グッズの販売や582号・1156号車内の50周年ヒストリーポスター掲示、地下鉄北神線谷上駅へのフォトスポット設置などの企画が行われています。これら記念企画の実施期間は10月14日から12月26日までの予定です。

出典・参考文献

脚注

References
1 582号が花電車に使用されるのは車体幅が狭いためだと言われています。

コメントする