神戸市営地下鉄 西神・山手線のホームドア:本格導入タイプ

◆ 神戸市営地下鉄 西神・山手線のホームドア:TOPページ

神戸市交通局の西神・山手線および北神線では、2023年度までに全駅にホームドアが整備される予定です。2017年度に先行設置された三宮駅以外の各駅についても、2021年9月4日に稼働開始された新長田駅1番線を皮切りに本格的な整備が始まりました。

これら本格導入駅のホームドアは三宮駅と異なるメーカーの製品で、開閉システムも三宮駅で運用中のQRコード式制御システムではなく2Dセンサ式の地上完結型システムが採用されています。

1 ホームドアの概要

タイプ 腰高式
メーカー 三菱重工交通・建設エンジニアリング
開閉方式 開扉 自動(在線検知・定位置停止検知)
閉扉 自動(車両ドア開閉検知)
停止位置 ±750mm(一部時間帯はATO)
開口部幅 2,800mm
寸法 筐体 【推定】高さ1.4m×厚さ0.2m
【推定】高さ1.2m
非常脱出口 なし
安全装置 居残り検知 3Dセンサ
ホーム側から見た筐体
線路側から見た筐体

ホームドアのタイプは一般的な腰高式、メーカーは三菱重工交通・建設エンジニアリングで、三宮駅の日本信号製のものとは外観が大きく異なっています。開口幅は三宮駅と同じく2,800mmです。

今回採用されたのは、初期費用・維持費用の低減や将来更新時の簡易化をコンセプトとした「新型可動式ホーム柵」とのことです。従来型から見直された特長として、本体構造の簡素化で重量を約35%低減、それによるホーム補強工事の低減、配線の約40%低減による電気配線工事の簡素化、メンテナンス性の向上などが挙げられています。

もっとも特徴的なのは凸凹とした筐体上面の形状です。線路側から見ると、駆動装置などが内蔵された背の高い部分に対して、背の低い部分はかなり簡素な造りになっています。それでも背の高さが揃っていない理由までは分かりませんでした。

線路側から見た扉
車両連結部以外は戸袋が互い違い
3-4号車連結部の筐体
駅係員用のモニタ画面

扉の線路側下部にはガイドレールと思われる部分が露出している点が特徴です。各開口部には支障物を検知する3Dセンサと非常停止ボタンが設けられています。

筐体は左右の扉を互い違いに収める構造です。ホーム中央の3-4号車連結部の筐体には駅係員用のモニタ画面が内蔵されています。なお、三宮駅では各号車1カ所に非常脱出口が設けられていましたが、本格導入タイプでは省略され、ホーム両端の乗務員用出入口のみとなりました。

乗務員用操作盤は停止位置が多少前後しても操作しやすいように「開」「閉」ともボタンが4つ設けられています。なお次項の通り、開閉は地上完結型連動システムによって制御されているため、基本的に操作盤を使用することはありません。

2 ホームドアの開閉方式

2.1 開閉方式の概要

ホームドアの開閉方式は以下の通りです。

  • 開扉:自動(在線検知・定位置停止検知)
  • 閉扉:自動(車両ドア開閉検知)

三宮駅では2020年3月にQRコードを用いたホームドア制御システムが導入されましたが、ホームドアが車両ドアより遅れて開くことから乗降時間の増大に繋がっていたそうです。そのため本格導入駅では、ホームドアと同じメーカーが開発し、より応答性能に優れている「地上完結型連携システム」が採用されています。また、三宮駅も2022年3月に同様の方式に改修されました(詳しくは後述)。

2.2 各種機器の概要

(1)停止位置検知用センサ

各ホームにつき1箇所の車両連結部にあたる箇所に停止位置検知用センサが設けられています。同じ方式を採用している他の事業者では冗長性確保のためにセンサを2系統設けていますが、西神・山手線においては写真のようにセンサが1系統のみで、もう一方の台座には何も取り付けられていません。

(2)在線検知用センサ

在線検知用センサは天井ではなく筐体の線路側に取り付けられており、ホーム両端の2箇所で車両を検知すれば列車がホーム内に収まっていると判定しています。

(3)車両ドア開閉検知用センサ

一方はセンサが2系統
もう一方はセンサが1系統

各ホームにつき2箇所の車両ドア上部に車両ドア開閉検知センサが設けられていますが、一方はセンサ2系統なのに対して、もう一方は停止位置検知用センサと同じく1系統しか設けられていません。他事業者での実績で得られた信頼性ゆえの措置なのでしょうか?

2.3 各種センサ配置図

最初の設置駅となった新長田駅における各種センサの配置図は上図の通りです。車両ドア開閉検知センサは駅構造の兼ね合いかホームによって異なる場合もありますが、基本的には現在稼働済みまたは設置工事中の各駅も同じような配置です。

3 おわりに

2019年頃の時点では、新長田駅以降の本格導入駅においてもQRコード式連動システムの導入が計画されていたようです[1]2019年8月に入札公告が行われた「西神・山手線 新長田駅・名谷駅・西神中央駅 可動式ホーム柵の設計・施工・監理事業」に関する資料より。。さらに、既存車両を全て新型車両6000形に置き換えた後はトランスポンダを用いた送受信で車両ドアとホームドアを開閉連携する方式に切り替えられる見込みでした。つまり、新型車両への統一が完了するまでのつなぎとして低コストなQRコード式システムを導入する予定だったものと思われます。

しかし三宮駅以外では当記事で紹介したシステムが採用され、三宮駅も2022年3月中旬に同じ方式に改修されてホームドアが車両ドアより先に開くようになりました。こうなると、さらに改修を加えてまでトランスポンダ連携化を行うのかどうかはさらに不透明となってきました。

出典・参考文献

脚注

References
1 2019年8月に入札公告が行われた「西神・山手線 新長田駅・名谷駅・西神中央駅 可動式ホーム柵の設計・施工・監理事業」に関する資料より。

コメントする