相模鉄道のホームドア:横浜駅

相模鉄道の横浜駅では、2015年度末に同社初となるホームドアが3番線に設置されました。その後、2017年2月までに6面3線の乗車ホーム・降車ホーム全てでホームドア整備が完了しています。各ホームの稼働開始日は以下の通りです。

  • 3番線:2016年3月6日
  • 2番線:2016年12月20日
  • 1番線:2017年2月21日

1 ホームドアの概要

タイプ 腰高式
メーカー 高見沢サイバネティックス
開閉方式 開扉 自動(定位置停止検知・両数検知)
閉扉 自動(車両ドア開閉検知)
停止位置 【推定】±300mm(TASCあり)
開口部幅 一般部 【推定】2,600mm
大開口部 【推定】3,500mm
寸法 筐体(一般部) 【推定】高さ1.3m×厚さ0.2m
【推定】高さ1.2m
非常脱出口 なし
安全装置 居残り検知 光電センサ(一部3Dセンサ)

ホームドアのタイプは腰高式、メーカーは高見沢サイバネティックスで、素材の質感をそのまま活かしたようなメタリックなデザインが特徴です。開口部の両脇には「誘導LED」が搭載されており、開扉中は青色に点灯、開閉動作中は赤色に点滅します。筐体は左右の扉が互い違いに収納される戸袋一体型で、緊急脱出口は設けられていません。

基本の開口幅は推定2.6mですが、11000系や12000系は乗務員室直近の乗降ドア位置が大きくオフセットしているため、ホームの両端に位置する1号車1番ドアと10号車4番ドアは推定幅3.5mの大開口となっています。これは設置当時としては在来線のホームドアで最大の開口幅でした。

ホーム両端および8両編成後部には乗務員出入り用の開き戸が設けられており、片側の筐体だけをセットバックさせて出入りスペースを確保しています。3番線に限っては事業用車両700系の入線を考慮して6両編成後部に相当する箇所にも設けられていますが、将来の相鉄・東急直通線開通で6両編成が入線することも想定していたのかは不明です。

居残り検知センサは複数の光電センサを縦に並べたラインセンサが基本ですが、乗務員出入り口に接する開口部のみ3Dセンサが採用されています。開口部両側にある赤色のボタンが非常開錠ボタンですが、その旨を記載した表示はありません。

車止め付近の定位置表示灯は緑色に点灯
足元付近の定位置表示灯は青色に点灯

乗務員用操作盤は前述の3番線6両目も含めて設けられています。開閉動作中は「ホームドア状態表示灯」が赤色で点滅、開扉中は点灯します。また、列車が定位置範囲内に在線中に点灯する「定位置表示灯」は、操作盤の足元付近に車掌向け、ホーム終端の車止め付近に運転士向けが設置されています。

停止位置許容範囲を示すマーカーから推定すると許容範囲は±300mm程度で、終端駅のため進入速度が遅いとはいえTASC(定位置停止装置)未整備路線としてはかなりシビアです[1]現在は横浜駅も含め相鉄全線でTASCが整備され、対応済みの編成から順次使用されている。

2 ホームドアの開閉方式

2.1 開閉方式の概要

2020年6月21日以降のホームドア開閉方式は以下の通りです。

  • 開扉:自動(定位置停止検知・両数検知)
  • 閉扉:自動(車両ドア開閉検知)

列車が停止位置許容範囲内に停止すると、ホームドアは乗車ホーム側・降車ホーム側の両方が自動開扉します。当初、閉扉は乗務員による手動操作[2]基本は車掌、降車ホーム側は運転士が行う場合あり。でしたが、現在はドア開閉検知センサの増設によって閉扉も自動化されました。

2.2 列車停止検知システム

列車の定位置停止を判定する列車停止検知システムは、2017~2018年頃にシステムの変更が行われた可能性があります。しかし正確な情報は分かっていないため、この項は全て推測での記述となりますが、設置当初からの方式を旧システム、後に追加された方式を新システムとして表記することとします。

2.2.1 旧システム(前面検知方式)

2021年10月末時点で現存している前面検知センサ
システム変更の原因と噂された20000系
※写真は8両編成バージョンの21000系

ホーム終端部に測域センサ(2D-LiDER)が設置されており、このセンサが車両前面を測定することで列車の定位置停止を検知します。しかし、形式によって先頭車の車体長や前面形状が異なると正確な検知が難しい場合もあり、同駅のシステムが変更されたのもそういった問題が発生したためかもしれません。

システム変更に関連していると思われるのが2017年に製造された新型車両20000系です。20000系は当初2017年12月の営業運転開始を予定していましたが、「地上設備の調整等に時間を要したたため」という理由で2018年2月まで延期されました。あくまでも噂ですが、その地上設備の調整というのが横浜駅ホームドアのセンサだったという話があります。

2.2.2 新システム(連結部検知方式)

北陽電機製のレーザスキャナが2基縦並びで取り付け
20000系の連結部位置を測定中

ちょうど20000系のデビュー延期と同時期に、各ホーム1-2号車連結部付近に測域センサが新設されました。連結部は形式による形状の違いが少なく検知が比較的容易と言われているため、同駅も連結部を測定して定位置停止検知を行う方式に変更されたものと思われます。ただし、連結部検知センサ新設後も前面検知センサは撤去されていないため、在線検知などの役目を引き続き担っている可能性も考えられます。

2.3 車両数判別システム

9号車部分では車両を検知していないため8両編成と判定
3番線のみ6号車部分にも設置されている

相鉄線では10両編成と8両編成が運行されているため、車両の有無を検知するセンサで編成両数を判別しています。センサは8号車と9号車の2箇所に設置されており、入線列車が10両編成なら両方を、8両編成なら2基中1基のみを車両が塞ぎ停止するため、その結果に基づいてホームドアを自動開扉します。

2.4 ドア開閉検知センサの増設

ドア開閉検知センサ
3番線乗車ホームに試験設置されていた頃の写真

ドア開閉検知センサは2018年度末ごろに3番線の乗車ホームに試験設置され、実際のホームドア開閉とは連動させずにテストを行っていたようです。その後全てのホームにセンサが増設され、2020年6月21日の始発から連動機能が使用開始されました。 相鉄としては、2019年11月に開業した羽沢横浜国大駅のホームドアで車両ドア開閉検知による閉扉連動が実現していたので、これで両駅ともに基本的な取り扱いが統一されたことになります。

同駅のドア開閉検知センサはホームドア本体と同じく高見沢サイバネティックスの製品で、この製品はセンサに加えてカメラも搭載しており、将来的には乗降中の旅客も検知するような使用法も考えられているそうです。

2.5 各種センサ配置図

各種センサの配置は上図の通りです。3番線のみ4両編成の事業用車両を判別するためと思われる両数検知センサが6号車部分にも設置されています。ドア開閉検知センサも3番線降車ホームだけが他のホームと異なる位置となっていました。

3 おわりに

3番線降車ホームに掲示されている高見沢サイバネティックスの広告

相鉄は2022年度末までに全駅へのホームドア設置を計画しており、新駅の羽沢横浜国大駅以外でも2020年度から本格的な整備が開始されています。これら羽沢横浜国大駅以降の各駅では横浜駅と異なるメーカーの製品が採用されましたが、シルバー基調のデザインは横浜駅を継承しているようにも感じられます。

出典・参考文献

脚注

References
1 現在は横浜駅も含め相鉄全線でTASCが整備され、対応済みの編成から順次使用されている。
2 基本は車掌、降車ホーム側は運転士が行う場合あり。

コメントする