広島電鉄 602号と652号が期間限定トレード運行

広島電鉄では、ひろしまフラワーフェスティバル開催期間にあわせた2022年5月3日から5日の3日間限定で、千田車庫所属の650形652号と江波車庫所属の600形602号がそれぞれ所属を入れ替えて運行するイベントが実施されました。

これは前日に広電公式Twittreから突如告知されたサプライズ企画で、広電の電車は所属車庫ごとに運行系統が決まっているため、お互いが普段は走らない区間で営業運転を行う貴重な光景となりました。

2022/05/03 広島港(宇品)電停にて
2022/05/05 紙屋町西電停~原爆ドーム前電停にて

千田車庫へやってきた元・西日本鉄道の600形602号。3日は3号線運用として広島港や広電西広島に乗り入れ、4・5日はいずれも7号線運用に入りました。7号線は2019年4月のダイヤ改正まで江波車庫の管轄だったため602号による運行は久しぶりでした。

「被爆電車」の1両である650形652号は江波車庫へ。3日間とも6号線または8号線運用に入りました。また、この3日間は多客輸送のため他の旧型車両も運用入りし、5月5日には100形101号「大正形電車」が広電西広島での展示イベントのため久しぶりに本線を走行するなど、沿線は大いに賑わいました。

電車の所属を入れ替えるサプライズ企画は昨年12月にも行われており、その時は神戸市電の塗装に復元された570形582号と元・大阪市電の900形913号がトレードされました。次はどんな大型トレードで全国のトラムファンを弄ぶつもりなのでしょうか・・・

出典・参考文献

脚注

コメントする