京急電鉄のホームドア:上大岡駅「モーニング・ウィング号」着発時の取り扱い

京浜急行電鉄が2015年12月7日から運行を開始した「モーニング・ウィング号」は、転換クロスシートを備えた2100形を用いて平日朝ラッシュ時の上り方面に運転される座席指定列車です。各停車駅ごとに座席が割り振られており、駅係員がチケットの確認を行うために乗車口は一部のドアに限定され、それ以外のドアは開きません。

「モーニング・ウィング号」停車駅のうち最も割り当てられた座席数の多い上大岡駅では、2020年2月15日に上りホームのホームドアが稼働開始されました。しかし「モーニング・ウィング号」は6・5・4号車それぞれの進行方向後ろ側のドアのみ開扉する特殊な取り扱いが必要になるため、ホームドアは駅係員が各開口の個別操作スイッチを使用して開閉する方式が採られています。

1 一般列車の場合

京急線内のホームドアはQRコードを用いたホームドア制御システムが使用されており、上大岡駅でも一般列車の場合はこのシステムにより自動開閉する仕組みとなっています。システムの概要は別記事で紹介しています。

2 座席指定列車「モーニング・ウィング号」の取り扱い

「モーニング・ウィング号」の着発時は、車掌・駅係員が以下のような手順で取り扱いを行っていました。

まず「モーニング・ウィング号」は8両編成ですが、通常の8両停止位置より3両分前側の12両編成と同じ停止位置に停車します。車掌はあらかじめ「戸閉選択スイッチ」で6・5・4号車の1番ドアのみを開扉するように設定しており、最後部の「W」と書かれたウィング用停止位置限界線で定位置停止を確認して、車両ドアの開扉操作を行います。

※ホームドア稼働開始前の2019年12月1日に撮影

3ヶ所の乗車口で待機している駅係員は列車到着前に乗客のチケットの確認を済ませています。そして列車が到着するとホームドア筐体に内蔵された個別開閉スイッチの蓋を解錠し、車掌の操作で車両ドアが開き始めたことを確認してから、個別開閉スイッチを取り扱ってホームドアを開扉します。

客扱いが完了すると、3ヶ所の駅係員がそれぞれ白色灯を掲げて客扱い終了の合図を送り、車掌がそれを確認して閉扉操作を行います。続いて駅係員が個別開閉スイッチでホームドアを閉扉し、再び白色灯を掲げて出発合図を送ります。 列車が出発すると個別開閉スイッチ蓋の施錠を確認してその場を離れます。

3 おわりに

ちなみに、この取り扱いを一般列車と同じくQRコード式制御システムで自動化できないかを考えると、そもそもQRコードを貼付しているドアが3番ドア(2ドア車では2番ドア)なのに対して、「モーニング・ウィング号」は金沢文庫駅以外[1]金沢文庫駅では8・7号車の前側ドア(2番ドア)で客扱い。の停車駅では全て1番ドアで客扱いを行うので、まずはこれを変えない限り自動化は難しそうです。

出典・参考文献

脚注

References
1 金沢文庫駅では8・7号車の前側ドア(2番ドア)で客扱い。

コメントする