京急電鉄のホームドア:平和島駅

◆ 京急電鉄のホームドア:TOPページ

京急電鉄の平和島駅では、3・4番線(上りホーム)は2021年3月27日、1・2番線(番線ホーム)は2021年6月26日にホームドアの稼働が開始されました。京急線内のホームドア設置駅はこれで8駅目で、快特通過駅としては京急鶴見駅に次いで2駅目です。

1 ホームドアの概要

タイプ 腰高式(一部は二重引き戸タイプ)
メーカー ナブテスコ
開閉方式 自動(QRコード式連動)
停止位置許容範囲 不明(TASCなし)
開口部幅 一般部 【推定】3,200mm
拡幅開口部 【推定】3,400mm
二重引き戸部 【推定】3,200mmまたは3,400mm?
寸法(一般部) 筐体 【推定】高さ1.3m×厚さ0.2m
【推定】高さ1.2m
非常脱出口 開き戸式(各号車連結部)
安全装置 居残り検知 3Dセンサ
本線ホームの一部のみ二重引き戸タイプ
透過部が設けられた乗務員用出入り口

同時期に整備された京急鶴見駅は京急初となる京三製作所の製品でしたが、同駅は従来通りナブテスコ製です。ホームは島式2面4線構造で12両編成の発着に対応していますが、副本線ホームの1・4番線は8両分だけで、残りの前後2両分には後述する可動柵固定柵が設置されました。

上大岡駅や京急川崎駅などと同じく、本線ホームの2・3番線は一部が拡幅開口や二重引き戸タイプとなっています。詳しくは3項の図をご覧ください。

センサボックスに内蔵された車掌向け表示灯

従来からの変更点として、一つは車掌向けの「ホームドア表示灯」および「停止範囲表示灯」が筐体センサボックス内蔵型となった点、もう一つは緊急脱出口のうち乗務員出入りにも使われる箇所にはガラス透過部が設けられた点です。これらの仕様は京急鶴見駅と同様です。

2 ホームドアの開閉方式

同駅のホームドアは、これまでの設置駅と同じくQRコードを用いたホームドア制御システムが使用されています。システムの概要は別記事で紹介しています。

QRコード読み取りカメラユニット
新設された支柱は色が鮮やかで目立つ
※2019年12月1日撮影
4番線に試験設置されていたQRコード読み取りカメラ(左)と定位置停止検知センサ(右)
※2019年12月1日撮影
試験に使われた2Dセンサには「新神戸 試行」の文字が。山陽新幹線新神戸駅のホームドア実証試験から流用された?

同駅のホーム上屋鉄骨の色に合わせて、各種機器を吊している支柱も水色に塗装されている点が特徴です。

ちなみに、2019年1月頃からしばらくの期間、同駅4番線にQRコード読み取りカメラと定位置停止検知センサが1基ずつ設置して、QRコード式制御システムの機能を確認する試験が行われてました。この時期は既に地下駅の羽田空港国際線ターミナル駅(現:羽田空港第3ターミナル駅)でシステムが導入済みでしたが、地上駅におけるQRコードの読み取り性能などを検証していたのだと思われます。

3 号車ごとのホームドアタイプ・各種機器の配置

号車ごとの拡幅開口および二重引き戸タイプの配置、QRコード読み取りカメラ・定位置停止検知センサの配置を表した図です。これまでの12両対応ホームとはカメラの配置規則が異なります。

4 1・4番線の可動式固定柵

1番線の浦賀方はパイプ構造の観音開きタイプ
それ以外の箇所はパンチメタル構造のスライド式ドアタイプ
各号車1・3番ドアに相当する部分が開けられる構造

前述の通り、ホームドアが設置されなかった副本線ホームの前後2両分には上大岡駅・京急川崎駅と同じく手動で開閉できる可動式固定柵が設置されました。ただし、1番線の浦賀方のみ従来よりも簡素なタイプで、全ての箇所ではなく一部分だけが観音開き式で開けられる構造となっています。理由は不明ですが、今後の採用拡大に向けた検証かもしれません。

5 おわりに

もともと有名撮影スポットだった平和島駅。ホームドア設置により以前のような構図で撮影することはできなくなりましたが、時速115キロで車体を大きく傾けながら整然と並ぶホームドアすれすれを走り抜ける光景は、むしろ今まで以上の迫力があると感じます。

出典・参考文献

脚注

コメントする